TOP > 継がせ方支援について知る/継がせ方とは

継がせ方とは

いつ、だれに、どのように会社を継ぐか?

我々は『事業面』、『財産(株式を含む)面』、『関係者の感情面』の3方向からこれらを検討した事業承継プランを、【継がせ方】と呼んでいます。感覚的な表現ですが、数字と感情の両立(効果と想い)、事業と税・法務の両立(経営承継と財産承継)を目指すものです。

継がせ方支援とは

事業承継を検討している方にとっての
継がせ方支援とは

これまでの事業承継支援は、
・社長への動機付けのために事業承継が持つリスクを突き付けることに終始してしまう
・株価対策に終始してしまい事業戦略やご家族への社長の想いを置き去りにしてしまう
といった問題がありました。

継がせ方支援により、これらの問題を克服し、止まっていた事業承継計画を前に進めることで時間的なロスを最小限にとどめ、【メリット3+1】に示すような事業承継を実現することも可能です。

事業承継は遠い話だと考える方にとっての
継がせ方支援とは

事業承継について検討する会議中に
「事業承継なんて後ろ向きなこと考えたくない」
と仰った社長が居られました。
確かに事業承継は、社長の引退を連想させる行事であり、社長自身にとって面白い話しではありません。
特に、時間に余裕が無い引退間際で検討すると、事業承継は守りの義務的な手続きになります。
しかし、継がせ方支援を通じて早期に事業承継検討に着手すると、事業承継計画は成長戦略と表裏の関係であることに気づかれると思います。(例えば、株価対策と投資計画、人材育成と中計作成、脱M&Aと番頭育成等)継がせ方支援を通じて成長戦略と並行して事業承継計画を立案することで、【メリット3+1】を実現することも可能です。

まずは、弊社までご相談下さい。相談は無料です。
今すぐ問い合わせる
ページの先頭へ